葉酸サプリを摂取することによる副作用はないの?注意点は?




葉酸サプリ 副作用


厚生労働省が妊活、妊娠中は葉酸を摂取したほうがいいということでサプリで摂取することを推奨していますが、副作用がないのか心配する方も多いのではないでしょうか。

サプリというものに抵抗を感じる方もいると思います。たしかにサプリの種類によっては副作用がでてしまい、問題になってしまうこともあります。

サプリは薬とは違うので副作用は心配ないともいわれていますが、そんなことはなく、種類や飲み方によっては問題が起きる場合もあります。たとえば薬の飲み合わせや品質の悪いサプリによって健康被害がでることもあります。

葉酸サプリも気をつけなれけばならない点はいくつかありますが、基本的には副作用の心配はいりません。

普通に飲んでいれば問題ないですが、過剰摂取してしまうと副作用のリスクがあります。1日1000μgが過剰摂取量といわれていてこの量を摂取すると食欲不振や吐き気、頭痛、めまいなど身体の不調を引き起こします。またそうした過剰摂取を続けることで赤ちゃんの喘息リスクもあがるといわれています。

こうした過剰摂取のリスクは葉酸サプリのメーカーも重々承知していますので過剰摂取にならないように葉酸サプリは作られています。メーカーの指定する容量をも守れば過剰摂取の心配はありません。

多くのサプリは1日400μgを摂取の目安にしていています。サプリ以外に600μgを食品で摂取すれば過剰摂取になりますが、それだけの量を食品で摂取するのは現実的ではなく心配はいりません。

こうしたことからサプリを過剰に摂取しなければ特に副作用の心配はしなくても大丈夫です。

ただ、海外製とかの安いサプリのなかには過剰摂取になりそうなものもあるようです。あんまり安いものは品質が良くない可能性もありますのでやめたほうがいいですね。

葉酸サプリ 注意点


葉酸サプリは選ぶ場合にはなるべく品質がいいものを選びましょう。安くてコスパがいいものもありますが、こういうのは大量生産、大量消費を前提としていて保存料や添加物が多いものがあります。

食品添加物や保存料を大量に摂取することで胎児がダウン症やアトピー体質になるリスクが高まるといわれています。祝品添加物の種類や情報は膨大でどういった成分がどんな影響をあたえるのかについては分からない部分も多いのが実状です。

どの添加物が胎児にどういった影響をあたえるのかについても不明な部分が多いですが、少なからず悪影響があると考えられていますのでなるべくこうした添加物を含んでいないサプリを選ぶのが大事になってきます。

添加物は安いものほど多く含まれています。添加物は科学的に大量生産できるのでコストがかからず安く提供できます。これに対して品質がいい天然由来の成分を使っていたりするものは品質管理にコストがかかるので料金も高くなっているものが多いです。

葉酸サプリはずっと飲まないといけないものではなく、妊活中、妊娠中、授乳中に飲めばいいものなので多少高くてもなるべく品質がいいものを選ぶようにしたほうが良いと思います。変にケチってしまい品質が悪いものを選んで大事な赤ちゃんに影響があってはいけませんし、なるべく高品質なものを選ぶようにしたいですね。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。