妊娠後期 葉酸サプリ

妊娠後期も葉酸サプリを飲んだほうがいい?



葉酸サプリをいつまで飲めばいいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。サプリをずっと買って飲むのはお金もかかりますし、できたらやめたいと考える方もいるのではないでしょうか。

葉酸サプリの摂取を推奨している厚生労働省は、妊娠前から妊娠3ヶ月まではとくに葉酸の摂取が大事としていてサプリの摂取を推奨しています。この時期は胎児の脳や脊髄が形成される時期であり、奇形リスクがあるのでこのリスクを下げるために葉酸の摂取が重要と言われています。

この時期が特に大事ということでほかの時期には飲まなくていいというわけではなく、妊娠中期や後期についても飲んだほうがいいと言われています。妊娠3ヶ月以降についても480μgの葉酸の摂取が推奨されていますので、葉酸サプリは飲んだほうがいいといえます。

3ヶ月以降も葉酸が不足すると、胎児の低体重やママの体調不良や貧血につながりやすくなります。3ヶ月までは胎児の奇形リスクを低減させて、それ以降はママの体調管理のために摂取が推奨されているわけですね。

出産後についても母乳のために葉酸が必要されていますので、授乳期にも葉酸は必要と言われています。最近の葉酸サプリは葉酸だけでなく妊娠中のママに必要な栄養素が含まれているものも多いのでこうしたサプリを飲むことで妊娠中、健康的に生活できます。

妊娠中期以降は貧血も起こりやすいので鉄分が含まれた葉酸サプリを選んだほうがいいと言われています。鉄分が少なくなると、貧血で転倒したりするリスクもありますし、ママの調子が悪くなることで胎児への栄養が十分に行き渡らなくなってしまう可能性もあるので気をつけましょう。

妊娠後期以降の葉酸の過剰摂取


妊娠の後期に葉酸を過剰に摂取すると胎児の小児喘息のリスクが高まるという研究のデータもあります。合成葉酸(モノグルタミン酸型)を1日1000μgの過剰摂取すると副作用が出る恐れがあります。ただ、普通に葉酸サプリを飲んでいても1日1000μg を超えるということはほとんどないので心配はありません。

海外製の葉酸サプリのなかには規定量を超えてしまう可能性があるものもあるそうなのでこの点は気をつけるようにしましょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。